2009年05月08日

私たちの進む道。

5/19、夕方に、チーム京都吉兆・社内試食会を嵐山店で開催します。

最近の嵐山店で、「特別な設定の時」にお出ししている料理を私が作ります。

各店舗の料理長が嵐山の厨房で、その作り方、考え方を見たり聞いたりしながら試食する会です。


その料理を各店でも、真似して下さいと言う事ではありません。
参考にして、その店でしか味わえない特色のある料理、コース、サービスを生み出して欲しいのです。

自由な発想で、伝統料理を現代の味にアレンジして欲しいのです。

「特別な設定の時」と言うのは、ワインを飲まれる方、新しい感覚の料理が好きな方、がお見え頂いた時や、常連さんで、定番の料理の間に違う趣向の物を一品入れたい時、海外でのイベントでお出しした料理などです。

トマトを使えば、「イタリアンの物まね!!」と言う時代ではなくなっています。
私たちが、トマトを使うとどうなるか?です。


要は、お客様が美味しいと感じて頂けるかどうかです。お客様に楽しんで頂けるかどうかです。そして、又訪れたいとお客様に思って頂けるかどうかです。また、その結果をその店舗で出しているかどうかです。
お客様は、楽しみに来られるのです。
新しい組合せ、海外の料理で使われている食材や調理法を使って表現する事、科学的な根拠を持ち、その理論の中で料理する事は、大変好奇心を刺激します。
勿論、定番の美味しいものを交えながら、バランスをとりながらです。


吉兆の中だけの価値観では、もう世の中には、通用しないという事です。

今、この時代に適応しているレストランが、流行っているのです。

この不景気でも、約2万円の料金で流行っているお店は、たくさんあります。
吉兆の歴史であるとか、御託を並べてもダメなのです。


ただし、私共しか、京都吉兆にしか出来ないサービスや料理もある事も忘れずに、進めていきたいと思います。


各店の一人ひとりが、チーム京都吉兆の一員として、頑張っています!!



【関連する記事】
posted by 徳岡邦夫 at 21:07| 嵐山本店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。